大仁瑞泉郷(大仁農場)では、春の花が見頃となる4月8日(土)から23日(日)まで、「2017 大仁瑞泉郷フラワー・ウィーク」を開催いたします。

 期間中はシバザクラやツツジ、ボタンなど季節の花々をはじめ、県下最大級の一本桜「ともえ桜」がお楽しみいただけます。

 4月8日(土)と22日(土)は、自然農法や有機栽培による農産物、素材にこだわった手作りの雑貨など、日々の暮らしを豊かにするアイテムが集まる「オーガニックマルシェ」を開催、健康法の体験や音楽を楽しむコーナーも催されます。

 また、4月15日(土)、16日(日)には「ともえ桜」の下で野点が行われます。大きな桜を前に、お抹茶で憩いのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 (詳細は別紙チラシの通り)

 花と緑いっぱいの大仁瑞泉郷で、家族そろって自然とふれあう一日をお過ごし下さい。


 


 大仁瑞泉郷にあります一本桜(通称:ともえ桜)は、大島桜と山桜の自然交配種で、昭和20年代にこの地に最初に入植した方の名前にちなんで名付けられました。

 2012年春、桜の植樹や愛護、名木・巨木の保存活動を続けている「財団法人 日本さくらの会」の会員(樹木医)が、大仁瑞泉郷に来場し、樹周の計測を行ったところ、県内最大級の巨木であることが分かりました。

 ともえ桜は株立ちで、9本の幹全ての樹周を測りました。株立ちの場合、1本は樹周が2m以上ないと巨木の対象にはならないそうですが、「ともえ桜」は一番大きい幹が2m3cm、9本の合計は12m5cmで、「静岡県内最大級の巨木です」とのお墨付きをいただきました。


 「ともえ桜」の開花状況はフェイスブックやブログで随時お知らせしております。

 一般社団法人 MOA自然農法文化事業団フェイスブック  http://www.facebook.com/moaagri

 フラワーウィークブログ                        http://hanamatsuri.i-ra.jp/

 大仁瑞泉郷PR動画                          https://youtu.be/xERHEQSdgDE


 

ホーム  ・お問い合わせ ・概要 ・プライバシーポリシー

Copyright (C) 2001 MOA Nature Farming and Culture Agency All rights reserved